山田天満宮

山田天満宮
山田天満宮というと境内にある「金神社」が有名ですが、天満宮も名古屋三天神の一つとして有名です。
徳川家四代将軍家綱公が文教政治を奨励したのを受け、当時の尾張藩主光友公が藩の教育学問並び道真公の出世に肖るための祖神としてお迎えしたものです。
また名古屋城の鬼門の方位に位置するため、厄災を除く八方除守護神としても祈願され、菅原道真公の方向祈願牛が祀られています。