萱津神社[阿波手乃杜]

萱津神社[阿波手乃杜]
この辺りは古くは海辺であり「阿波手の杜」の呼ばれ、そのなかに鎮座していたのが萱津神社です。
漬け物の神を祀るとてもめずらしい神社で「香の物」の発祥地とも云われています。
日本武尊にゆかりのある由緒ある神社でもあります。
旧鎌倉街道沿いにある萱津宿は、当時最も賑わっていた宿場の一つで、対岸の宿は「東宿」と呼ばれ、こちらも多くの旅人で賑わったようです。