東片端のクスノキ

東片端のクスノキ
名古屋高速東片端インター入口付近に凛とそびえ立つクスノキの大樹です。
この辺りは、江戸時代は尾張藩の武家屋敷があった場所で、その屋敷に植えられていたものであろうと考えられています。
国道41号の拡張工事により伐採が決まっていたものが、地域住民の力と当時の市長の一声により伐採されずに残ったものです。
そのため、このクスノキは道のど真ん中に緑地帯とともにあり、車道はその左右を通っています。

住所 名古屋市東区橦木町1丁目
最寄り駅 名鉄瀬戸線「東大手」または地下鉄桜通線「高岳」徒歩10分
営業時間 /
定休日 /
ウェブサイト /
その他 /
掲載している情報については公式サイトなどを参照にしておりますが、不確実な内容が含まれる可能性もございます。詳細については公式サイト等をご参照くださるようお願いします。

Top

名古屋ならびに近郊の「観光スポット&パワースポット」を写真をメインにして紹介しているフォトログです。