桜天神社

桜天神社
中区丸の内地区にあり、都会の真ん中にひっそりと佇む神社です。
目の前には「桜通」が走っていますが、桜通の名前は桜天神社に由来します。
ふるくは桜の名所であった当地は、桜の大樹があったことから「櫻天満宮」や「桜天神」と呼ばれるようになったと伝えられています。
名古屋三天神の一つで、受験シーズンの前には多くの受験生が訪れるスポットでもあります。
この地域では七尾天神社と並んで、最も由緒ある天神社です。
境内には「願いの水の牛」という手水舎風のものがあり、この牛に水をかけて願い事をすればその願いが叶うと言われています。
※作法は境内の案内をご覧ください。

住所 名古屋市中区錦2丁目4−6
最寄り駅 地下鉄鶴舞線・桜通線「丸の内駅」徒歩3分
営業時間 /
定休日 /
ウェブサイト /
その他 /
掲載している情報については公式サイトなどを参照にしておりますが、不確実な内容が含まれる可能性もございます。詳細については公式サイト等をご参照くださるようお願いします。

Top

名古屋ならびに近郊の「観光スポット&パワースポット」を写真をメインにして紹介しているフォトログです。