石清水八幡宮/清須

石清水八幡宮
愛知県清須市にある神社。清洲城趾にも近く、この地域の中では由緒のある神社の一つで、建久元年(1190年)山城国(京都府八幡市)の石清水八幡社を勧請して造られた神社です。
一の鳥居からの参道は一般道になっており、当時はもっと社領が広かったことがうかがえます。二の鳥居は木製で情緒があり、祭拝殿の朱色の屋根に目を引かれます。朱色の屋根はあまり見かけないので少し驚きました。
尾張五社に次ぐ社格とされていますので清洲が栄えた当時は格式のあった神社であったと思われます。