名古屋市科学館

名古屋市科学館
中区の白川公園内にある国内屈指の総合科学館で、2011年にリニューアルしさらに魅力的な施設に生まれ変わりました。
「みて、ふれて、たしかめて」がコンセプトで、最大の見どころは月ごとにテーマをかえる「プラネタリウム」です。
ブラザーアースと呼ばれるプラネタリウムは、世界最大級の規模で、外観はドーム型ではなく球体の形をしており科学館の「シンボル」ともなっています。
プラネタリウムは現在も大変人気で観覧するための観覧券(整理券)を並んで取る必要があります。
休日や夏休み冬休みは特に混雑が予想されます。ネットなどで状況を確認されることをお薦めします。