大須観音

大須観音
中区大須にある寺院で、日本三大観音の1つとも言われています。地名の「大須」も当院に由来しています。
正式には「北野山真福寺寶生院」ですが、一般には「大須観音」として親しまれています。
寺内の「真福寺文庫」には「古事記」の現存する最古の写本「真福寺本古事記(国宝)」など貴重な書が多数収蔵されています。
大須観音と門前町を中心とした大須エリアは、名古屋の人気観光スポットの一つで、県外、海外の方も数多く訪れる場所です。