万松寺

万松寺
織田家の菩提寺として信長の父信秀が開いた寺院で、正式には「亀嶽林(山)萬松寺」と称されます。
当時は、現在の丸の内から錦にまたがる広大な敷地を有し、名古屋城築城の際に、現在の地に移転、徳川の時代にも朱印寺として人々から厚く信仰されていたようです。
信長のドラマでよく登場するシーンに父信秀の葬儀のシーンがありますが、葬儀は大須に移る前の「萬松寺」で執り行われました。
信長ゆかりの場所として、歴史ファンのみならず多くの観光客で賑わうスポットです。

住所 名古屋市中区大須3-29-12
最寄り駅 地下鉄鶴舞線・名城線「上前津駅」徒歩約3分
営業時間 /
定休日 /
ウェブサイト http://www.banshoji.or.jp/
その他 /
掲載している情報については公式サイトなどを参照にしておりますが、不確実な内容が含まれる可能性もございます。詳細については公式サイト等をご参照くださるようお願いします。

Top

名古屋ならびに近郊の「観光スポット&パワースポット」を写真をメインにして紹介しているフォトログです。