万松寺

万松寺
織田家の菩提寺として信長の父信秀が開いた寺院で、正式には「亀嶽林(山)萬松寺」と称されます。
当時は、現在の丸の内から錦にまたがる広大な敷地を有し、名古屋城築城の際に、現在の地に移転、徳川の時代にも朱印寺として人々から厚く信仰されていたようです。
信長のドラマでよく登場するシーンに父信秀の葬儀のシーンがありますが、葬儀は大須に移る前の「萬松寺」で執り行われました。
信長ゆかりの場所として、歴史ファンのみならず多くの観光客で賑わうスポットです。