断夫山古墳/熱田神宮公園

断夫山古墳
断夫山古墳は熱田神宮公園内にある古墳で東海地方最大の前方後円墳。このエリアはかつては熱田神宮の管理下にあった場所です。
ほど近いところにある白鳥古墳はヤマトタケルの墓と考えられていて、断夫山古墳は妃・宮簀媛の墓と伝えられています。
熱田神宮公園には、球技場、テニスコート、野球場などが整備されていて市民の憩いの場所ともなっています。

住所 名古屋市熱田区旗屋1丁目10
最寄り駅 地下鉄名城線「西高蔵駅」徒歩5分
営業時間 8時30分~17時30分(駐車場)
定休日 /
ウェブサイト http://www.atsutajingu-park.com/
その他 断夫山古墳については、その大きさから、宮簀媛の墓ではなく尾張氏の墳墓であると考えられています。
掲載している情報については公式サイトなどを参照にしておりますが、不確実な内容が含まれる可能性もございます。詳細については公式サイト等をご参照くださるようお願いします。

Top

名古屋ならびに近郊の「観光スポット&パワースポット」を写真をメインにして紹介しているフォトログです。