文化のみち二葉館〈旧川上貞奴邸〉

文化のみち二葉館
名古屋城から徳川園にかけての一帯は、歴史的遺産の宝庫として「文化のみち」と名付けられていて、二葉館はそのなかの施設の一つです。
ひときわ目立つオレンジ色の洋風屋根、ステンドグラスの光がこぼれる大広間、伝統的な和室と、東洋と西洋の文化が溶けあった大正ロマンの高い館です。
日本初の女優と謳われた川上貞奴と電力王と称された福沢桃介が暮らしていた邸宅を移築、復元し、貞奴関係の資料を展示するとともに、郷土ゆかりの文学資料の保存と展示を行っています。

住所 名古屋市東区橦木町3丁目23
最寄り駅 地下鉄桜通線「高岳駅」徒歩約10分
営業時間 午前10時~午後5時
定休日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
12月29日~1月3日
ウェブサイト http://www.futabakan.jp/
その他 /
掲載している情報については公式サイトなどを参照にしておりますが、不確実な内容が含まれる可能性もございます。詳細については公式サイト等をご参照くださるようお願いします。

Top

名古屋ならびに近郊の「観光スポット&パワースポット」を写真をメインにして紹介しているフォトログです。