文化のみち二葉館〈旧川上貞奴邸〉

文化のみち二葉館
名古屋城から徳川園にかけての一帯は、歴史的遺産の宝庫として「文化のみち」と名付けられていて、二葉館はそのなかの施設の一つです。
ひときわ目立つオレンジ色の洋風屋根、ステンドグラスの光がこぼれる大広間、伝統的な和室と、東洋と西洋の文化が溶けあった大正ロマンの高い館です。
日本初の女優と謳われた川上貞奴と電力王と称された福沢桃介が暮らしていた邸宅を移築、復元し、貞奴関係の資料を展示するとともに、郷土ゆかりの文学資料の保存と展示を行っています。