カトリック主税町教会

カトリック主税町教会
白壁・主税・橦木町の町並み保存地区にある伝統的建造物のひとつで、名古屋市の「文化のみち」を構成する施設の一つでもあります。
名古屋・岐阜地方のカトリック教伝道の歴史の上で非常に重要な意味を持った教会で、明治20年に士族屋敷を改造して建てられたものです。
司祭館は外観を下見板張りとした洋風建築物。礼拝堂は正面玄関ポーチを三連アーチで構成され、アーチが白漆喰で仕上げられていることと、柱が黒く塗られていることもあって色彩の対比が簡素な礼拝堂に華やかさを与えています。