七尾天神社

七尾天神社
東区白壁にある神社で、亀尾天満宮・亀乗天神・七尾天神・七尾天満などとも呼ばれています。
七尾の亀が天神様(菅原道真の木像)をここに運んだという伝説があり社名の由来となっています。
現在では、境内の西角にある池の中央に安置されている霊亀の背に七度水をかけると学業成就及び諸願成就すると言い伝えられています。
市内では「桜天神」とともに学問の神様として崇敬されている神社です。